がんの効果的治療|早期治療が非常に大切|自律神経失調症になったと思ったとき

早期治療が非常に大切|自律神経失調症になったと思ったとき

ドクター

がんの効果的治療

看護師

がんに適した治療方法

現在は病気で難病ともされる癌ですが、癌を一度発症してしまった後に発生の可能性がある癌性腹膜炎と言う病気があります。癌性腹膜炎とは腹腔内に癌細胞が散らばる様に転移してしまう事を言い、この様なケースは外科的手術による治療は危険性が高く難しい状況です。又、外科的治療が困難なので薬による投薬治療が主となり、抗がん剤を利用した治療がメインとなりますが病状から言って抗がん剤の副作用に苦しむ事を避け極力がんの進行を遅らせながら対応する方法も1つ方法として実施されているのが現状です。但し、現在ではこのケースに対応する治療が出て来ています。唯一癌性腹膜炎に対する治療で効果を上げて来ている治療方法にNK細胞療法があります。

効果的癌治療法

癌性腹膜炎に対する一番効果的治療法としては、NK細胞療法と言う方法がありこの療法は自分の体内にある癌を攻撃する細胞を増殖して癌細胞を治療して行く方法です。この方法はどの様な癌の状態になっていても、あきらめない治療法として現在推奨されており転移してしまった癌治療にも有効とされています。NK細胞療法の良い点は自分の細胞を増殖して体内に注入するので副作用が無く身体に対する負担が軽減出来る事と他の治療法とも併用で相乗効果が望める事抗がん剤を使用しても副作用を軽減出来る事、治療は継続的に可能ですし自分の体力を改善させながら治療が行える方法です。更に癌の再発や転移防止にも有効なので、癌性腹膜炎になってもあきらめないで治療が出来る方法です。