予防するのが難しい癌|早期治療が非常に大切|自律神経失調症になったと思ったとき

早期治療が非常に大切|自律神経失調症になったと思ったとき

ドクター

予防するのが難しい癌

聴診器

肺癌以外の原因も

肺は胸膜という膜に覆われていますが、この胸膜に癌が出来てしまい炎症を起こしてしまうのが癌性胸膜炎です。胸膜が炎症を起こしているので水分が染み出してきてしまい、水が溜まってしまうことで呼吸障害などの症状を引き起こします。肺を覆っている胸膜に癌が発生することによって発症する病気であるために肺癌がその原因であるとされていますが、癌性胸膜炎はそれ以外の癌であっても発症することがある病気です。胃癌や乳癌などから転移して癌性胸膜炎を発症することもあります。びまん性中皮腫から発症することもあり、その場合は初期段階では無症状であるために気が付かないケースも少なくありません。症状が進むと胸の痛みに始まり、咳が出てあり痺れを感じることもあります。胸部の違和感や咳が長引くのであれば、一度病院で検査を受けてみるのが望ましいでしょう。病院では胸水細胞検査や胸腔鏡検査などで、判別を行ないます。

喫煙など生活習慣の改善を

様々な原因から発症する病気である癌性胸膜炎は、その予防が難しい癌でもあります。何か対策を行っても違う原因で発症してしまう可能性も十分に考えられるからです。しかし、その中には日々の生活習慣を改善することで予防につながることもあります。一番効果的だとされているのは喫煙習慣がある人は禁煙をするということです。喫煙習慣は癌性胸膜炎を発症する原因の一つである肺癌を予防することになるので、間接的に癌性胸膜炎を予防することにもつながるのです。また、喫煙と同時にアルコールの摂取をしている場合にはそれも止めるようにすることが大切です。喫煙やアルコールの摂取を日常的に行っている人は不規則な生活と偏った食事により栄養バランスが崩れていることが多く、免疫力が低下してしまい癌性胸膜炎を発症するリスクが高まってしまうのです。